代表メッセージ


「Unite experts from across the globe
(世の中のITエキスパートたちと共に)」

株式会社リンケージは2004年の創業以来、お客様の効率的な事業運営と経営管理を支援するITソリューションを提供してきました。

 弊社の強みは、15年以上に及ぶシステム開発で得た経験と幅広い業務知識でシステム開発のほぼ全ては「プライマリ案件」、つまりエンドユーザー様の直接契約によるものです。

「プライマリ案件」は規模の小さいIT企業では通常なかなか扱う事ができませんが、弊社はその環境があります。

株式会社リンケージ
代表取締役 長谷川 博文


弊社は【志】を共に共有できる人材を常に求めています。

弊社は、元請けとしてのダイレクトな声に耳を傾け続けることにより、ユーザー様が本当に利活用できる、

価値あるITソリューションと、安定・安心・安全に業務を遂行できるトータルサービスの実現を常に目指してきました。

 株式会社リンケージは、今までも、そしてこれからも、新たなデバイスへの積極的な対応。

クラウドコンピューティング等の利用型サービスの幅広い提供など、急速に変化していく多様なITニーズに対応していきたいと考えております。

 また、高品質なソリューションとトータルサービス力を磨き続けるため、ユーザー様のIT環境をフルサポートできるワンストップサービスをご提供している企業です。その上で弊社では【志】を共に共有できる人材を常に求めています。

 その【志】とは、「開発者基準ではなくユーザー目線での工夫を厭わない」であり、その志を共有した方々に出会えることを期待しております。

 上流工程を担う存在として活躍できる機会を是非とも手にしてください!

 株式会社リンケージはいつでもお待ちしています。

 

留学、バイト、資格試験すべての経験が生きている


少し私の話をさせてください。

 

 私は貿易に関わる仕事がしたくて海外の大学へ進みました。

 IBMと縁が深かった学校であったことから、当時高価であったコンピューターの導入がいち早く進み、授業で様々なアプリケーションを利用することが出来ました。

中学生時代にパソコンでゲームやタイピングソフトなどを自作していた経験があったのですが、欲しいものを自分で作る時代から、様々なアプリケーションを利用する時代へと変わり、パソコンの利用価値とその将来性がITの道へ進むきっかけになりました。

日本の学校と異なり8月に大学を卒業してきましたが、当時就職氷河期に突入していたため、帰国後してしばらくは就職先が見つからず、様々なアルバイトを経験することになりました。

大手スポーツ用品店の販売では接客と営業のコツを学び、地区12店舗中NO.1の販売実績を上げ表彰された経験もあります。内装業では中学卒業後に職人となった年の差3歳の社長からコスト感覚を学びました。


固定観念はリンケージに存在しません


 その後、希望していたIT企業に就職し、約8年勤務しました。その間、税理士を目指して勉強していた時期もあり、この時に得た、知識と人の繋がり(後に税理士や銀行の融資部長になった方など)が今の会社経営に非常に役に立っています。

 一見遠回りをしているように感じますが、無駄な経験はひとつもありませんでした。

 弊社には大学で生物学を専攻したプログラムエンジニアや、歯科技工士を経てセールスエンジニアになった在籍者がいます。

 文系ならば営業、理系ならばプログラマーやSE、という固定観念はリンケージに存在しません。

 


10年後のビジョンを持って柔軟に経験を積んでほしい


若い方にはぜひ、自分の10年後のビジョンを思い描いてほしいと思い ます。そうすれば自然と、今するべきことが見えてくるのではないでしょうか。思い通りにならないときは自分の考えに凝り固まらず、いろんな仕事に挑戦してみて下さい。どんな仕事でも、そこでの出会いや経験が、将来の糧になるはずです。自分のビジョンを見失わず、周囲のアドバイスに柔軟に耳を傾ければ、きっと道は拓けます。いつかどこかで皆さんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。

 


世の中を変えていく仕事


「IT革命」。高校生の頃、新聞で初めて目にしたその文字に心が弾みました。新しい時代の訪れを予感し、情報系の大学に進んだのですが、始めはパソコンに向かって、ひたすらプログラミングの基本を勉強するだけ。それがどう世の中に役に立つのか、想像もつきませんでした。

学んだ基礎知識を応用し、 目的地までの最短ルートを求める、簡単なナビゲーションプログラミングをつくれるようになると、「ITの技術で世の中をもっと便利にできる!」という実感が湧いてきました。卒業する頃には、この業界で生きていこうと心に決めました。

しかし、この仕事はITの知識やプログラミングができるというだけでは不十分。衣料、食品、機械、医薬品など、お客様の声に耳を傾け、

世の中のしくみを知ることから始まります。

 

株式会社リンケージ

営業課 課長 片岡 寿弥


三人四脚で夢を力タチに


「ホームページを作って 会社をPRしたい」「受注から出荷まで、管理できるシステムを導入したい」など、お客様のご要望をカタチにするのが私たちの仕事。ある食品会社さんから、「自社の商品をインターネットで販売したい」という相談を受けた時は、商品選びから始まり、サンプル写真の準備、商品代金の支払い方法の取り決めなど、お客様と一緒になって作り上げました。「全国から注文が来てるよ!」とお客様から聞いた時には感無量です。

私は、お客様とSE(システムエンジニア)の間に立つ橋渡し役。それを務めるには、お客様と技術の両方に精通している必要があります。

お客様の立場で話をお聴きし、SEに伝え、お客様には技術的な難しい言葉をわかりやすくご説明します。一緒にお客様の夢を叶える

ディレクターでありたいと私は思っています。

 

人材育成の基本精神


  • 1.『ITのプロ集団』という自覚を社員に持たせるため、現状に停滞することなく自己啓発に積極的に挑戦する社員を育成し、
    それを会社が全力で支援する。
  • 2.顧客と質の高いコミュニケーションを取れるよう、日頃から社員間の意思伝達の向上に努める。
  • 3.結果を恐れる事なく行動力を発揮した社員に対して、最大限の賞賛を与えるよう、会社として取り組む。